夏こそ涼しく安眠を

暑い夏が続いています。クーラーを使えばいいじゃないか、で終わってしまいそうですが体に空調が合わない人、つけっぱなしで寝ると微妙な室温設定ができず体が固くなって目が覚める人など色々です。

そこで、今回は涼しく眠るための寝具とその手入れです。レヴァリージャパンの枕は天然ラテックスフォーム素材でできているので基本的に洗濯の必要はありません。もし洗う必要があれば、漬け置きのみにして汚れが自然に浮き出てくるのを待って下さい。押し洗いなど力を加える必要はありません。

天日干しはできれば午前中にすませて午後にはすぐ取り込むようにしましょう。吸収した外部の熱が寝具に溜まり、安眠を妨げます。

涼しく眠るには、寝具と体の間に空気の層が入り、密着しない事が重要です。ジェルパッドや竹シーツなどもいいものですが、接触している部位の熱が蒸散した後は密着した箇所が蒸れてしまいがちです。

人間は睡眠中にも必ず汗をかきます。汗をかいた場所や周辺は体温が高くなります。この体温を下げてやるために必要なのが、体と寝具の間に入る空気の層なのです。

シーツをタオルケット素材やガーゼのものにしたり、汗を吸収しつつ蒸れをある程度防ぐものにしたりすることも有効です。

http://allabout.co.jp/gm/gc/417210/
http://www.reverie-j.net/

眠りの質を左右する寝具。皆さんは夏の眠りを快適にする寝具を使っていますか?
ALLABOUT.CO.JP